フレッシュフルーツと乾燥果物の違い

フレッシュなフレッシュフルーツと乾燥果物はどちらも食べ方次第で痩せることへの効き目が有る体にいい食べ物です。
むろんどちらも糖分は含まれているので食べすぎや飲み過ぎしてしまうと体にいいどころか逆効き目でぽっちゃりしてしまうリスクが有ります。
自らがどこでフルーツを食べたいか、どういったゴールで食べたいかと言う事でフレッシュと乾燥果物のどちらをチョイスするか決定していくといいのではないかと思うのです。
乾燥果物が体にいい。作り方や含まれる栄養の体への効果やカロリーのこと

 

例えをあげるとするとフレッシュフルーツのとき、乾燥果物と比較して酵素がいっぱい含有されている事、水分が多く含有されている事があげられてくるのです。

 

それだけ1個食べるとたらふくな感じがわりと得られると言う点、酵素がいっぱい摂取できてしまう為、ボディの清める働きが予想できると言う点、水分が多く含有されている為、必要のない老廃物を押し流してくれると言う点があげられてくるのです。

 

但しだからと言って食べ過ぎは逆効き目です。
フルーツの水分はボディを冷やす特性を持っているのですね。
取り込み過ぎる事でボディが冷えてしまい、脂肪を溜め込む要因となってしまうのです。

 

続きまして乾燥果物のとき、噛み応えが有る為に咀嚼回数が多くなるのでちょっとだけでたらふくな感じを得られやすいと言う点が有ります。
更に噛む事でボディの新陳代謝も上げる事ができ、脂肪が燃焼しやすいボディ作りが出来やすくなるのです。

 

更に乾燥果物の栄養素はわりと高い為、ちょっとだけでもしっかりと栄養をボディに取り入れる事が出来ます。
また乾燥果物は持ち運びに実用的な為、時を問わずに楽チンにフルーツを食べる事ができてしまうと言うプラスになる利点も有ります。
但し食べすぎや飲み過ぎしてしまうと高カロリーになってしまう為、痩せることとしては逆効果になってしまうのです。
この様に巧みに利用して分けていき、痩せることへの効き目を得ていく様にしましょう。

乾燥果物をゴール別で選ぼう

わりとのタイプが有る乾燥果物。
何をチョイスしたら良いのか分からなくなってしまうのですよね。

 

というわけで少し思いめぐらせてるとみてもらいたいのとは言ってもどうして乾燥果物を食べようと思ったのか思いめぐらせてるとみて下さい。
スタンダードにおやつとして食べたいから、ダイエットしたいから、便秘克服をしたいから、肌を綺麗にするなど、体にいい効果がが得られたいから等、人それぞれ乾燥果物を買うようにするわけは異なると思います。
それであれば、ご自らが今何を望んでいるのか、それをゴールにした乾燥果物をチョイスしてみることをおすすめhします。

 

ダイエット
乾燥果物が体にいい。作り方や含まれる栄養の体への効果やカロリーのこと
オススメはアプリコットとイチジクの乾燥果物です。
この2つは糖質が比較的ちょっとしかないと言う効き目が予想出来ます。
排便を促して身体の中の老廃物を排出してくれる効き目が予想できてしまう食物繊維がたっぷり含有されているバナナもオススメです。
これらの乾燥果物をミックスして取り込んでみるといいのではないかと思うのです。

 

便秘
便秘にいいのは食物繊維が多く含まれているからです。
先程挙げたバナナのそれ以外にもマンゴーやリンゴ、イチゴ等、多勢の乾燥果物に食物繊維がいっぱい含まれているのです。

 

【肌を綺麗にする】
肌を綺麗にする効き目を得たいのであればビタミンAが含有されている乾燥果物がオススメです。
ビタミンAの効果として新陳代謝をアップさせる他、デトックスにもわりと効き目をアップするようなのですね。
オススメとしてはマンゴー、イチゴ、アプリコット、キウイ等があげられてくるのです。

 

乾燥果物が体にいい。作り方や含まれる栄養の体への効果やカロリーのこと

 

 

このそれ以外にもアンチエイジング、貧血健全化、疲れを取ること等、いろいろなゴールが有りますのでそれぞれに合った乾燥果物をチョイスしてみることをおすすめhします。

電子レンジやオーブンでの乾燥果物の作り方

ショップで買うと予想外と高い乾燥果物。
いくら痩せる事に良いとは言え、お金的に高いと続きませんよね。
体重を減らす為に乾燥果物を食べるのであれば、一層の事ご家で作ってみることをおすすめhします。
誰にでもできてしまう乾燥果物の作り方をここでは挙げてみたいと思います。
乾燥果物が体にいい。作り方や含まれる栄養の体への効果やカロリーのこと

 

【オーブンで作る(オレンジ)】
1.オレンジを皮ごとよく洗い、水分をキッチンペーパーでしっかりと取ります。
2.厚さ5mm程の輪切りにします。ヘタ等は予め落としておくことをおすすめします。
3.輪切りにしたオレンジをオーブンシートに並べ、オーブンに入れます。
4.110度に決定して先ずは1時間焼きます。
5.1度取り出し、オレンジを裏返しにして先程と同じ様に110度に決定してもう一度1時間焼き上げます。
6.ドライ度合いが足りないときは110度設定で10分ずつ時間を短くして何度か焼いてください。

 

【電子レンジで作る(マンゴー)】
1.皮を剥いて薄くスライスし、キッチンペーパーを利用して上側の水分を取ります。
2.スライスしたマンゴーをキッチンペーパーの上に重ならない様に並べます。
3.5分チンした後、1度レンジから取り出し、上側上の水分を拭き取ります。
4.裏返してもう一度5分チンし、また上側上の水分を拭き取ります。
5.この工程を水分が無くなるまでリターンます。
但し最初の2回は5分、それ以降は1分でチンしていき、ドライ度合いを見ていきましょう。

 

どちらも出来アップした後は風通しが良い所に置いて熱を冷まします。
キープするときにはドライ材を入れてジップロック等の密閉袋やコンテナでキープしましょう。
ここではオレンジとマンゴーを例として挙げましたが、お好きなフルーツを使て作ってみることをおすすめhします。

天日干しでの乾燥果物の作り方

楽チンにフルーツを食べられて、しかも旨味しくて痩せる事にも効き目が予想できてしまうと言う乾燥果物。
ダイエットならばいつものように食したい所とは言っても予想外とプライスが高くていつものように買うのは難しいと思っている人は多数と思います。

 

乾燥果物が体にいい。作り方や含まれる栄養の体への効果やカロリーのこと
しかし乾燥果物は少し面倒をかけてあげると自らで作る事ができてしまうのです。
ここでご披露するのは「天日干し」で作る乾燥果物です。
そのそれ以外にもオーブンや電子レンジ、乾燥果物専用機等さまざま有りますが、太陽の光を浴びて作る天日干しは甘さも増してわりと旨味しいと思います。

 

【作り方】

 

1.お好みのフルーツを用意します。
2.よく洗って、皮を剥くものは剥き、種や芯は落とし、3〜5mm程と薄くスライスしておきます。
(甘い乾燥果物が好みであれば、前もって砂糖で煮詰めておくことをおすすめします。)
3.上側に有る水分をキッチンペーパーを利用して落とします。
4.平らなザル、または天日干し専用のネット等を用意し、その上にスライスしたフルーツを重ならない様に並べていきます。
5.そのまま直射日光が当たる外に置きます。
(この時虫よけのネット等があれば上に被せておくときがかりがないのです。)
6.日が落ちたら家の中に取り込みます。
7.このことを2週間程リターンます。
まれに裏返して天日干しをしましょう。
8.触ってみて、お好みの硬さになったら乾燥果物の出来上がりです。

 

ちょっとは時間はかかるのですが、誰にでもできてしまう乾燥果物の作り方となるのです。
また湿度が多数梅雨のシーズンはドライしにくいですので避けた方が良いかもしれないですね。
しっかりドライさせる事で1年はキープできてしまうのですので、時間が有る時に作ってみることをおすすめhします。

乾燥果物に含まれり栄養、食物繊維

「食物繊維」が痩せる事に効き目が有るとつぶやかれてることは良く聞くと思います。
乾燥果物にはそういった食物繊維がたっぷり含有されているのです。

 

そういった食物繊維には「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」と大きな分けて2タイプの食物繊維が有るとつぶやかれているのです。

 

水溶性食物繊維のオリジナリティとして、消化しにくいと言うオリジナリティが有ります。
消化しにくいと言う事はボディにエネルギーを溜め込みにくいと言う事になるのです。
要するにウエストの中に乾燥果物が消化されずに長い時間溜まっていると言う事なのです。

 

そうなるとウエストが空いたと言うイメージが起きにくくなり、たらふくな感じが持続しやすいと言うプラスになる利点が起こりやすくなるのです。
更に水溶性食物繊維には、悪玉コレステロールを減らす効き目が予想出来ます。

 

それによって高血圧対策や動脈硬化対策が予想できてしまうともつぶやかれているのです。
続きまして不溶性食物繊維のオリジナリティとして、咀嚼が多くなりやすいと言うオリジナリティが有ります。

 

咀嚼が多数事で脳の中の満腹中枢が刺激され、食欲が抑えられると言う効き目が予想しやすくなるのです。
更に便秘克服効き目も予想しやすいと言うオリジナリティも有ります。

 

この様に食物繊維には体重を減らす効き目だけでなく、体にいいことも予想できると言う事がお分かり頂けると思います。
乾燥果物であれば体にいい効果が何でも良いと言う訳では有りませんので、質が良い乾燥果物を自らなりに探していき、旨味しく、体重を減らす効き目、健康効き目を手に入れる様にして行ってみることをおすすめhします。

乾燥果物のカロリーについて

予想外にも乾燥果物は高カロリーになりやすい体にいい食べ物と言う事で、痩せることとして取り込むときには1日あたりの摂取量をコントロールする欠かせないことが有るとつぶやかれているのです。

 

ではリアルに乾燥果物のカロリーは高いのでしょうか。

 

例えをあげるとするとフレッシュなマンゴー1つとマンゴー1つを乾燥果物にした物とでカロリーを比較してみるとこれは同じカロリーになるのです。
但し砂糖をまぶして乾燥果物を作るときは、その差糖分カロリーが上乗せになるのです。

 

またフレッシュなマンゴーが1つ200gだとします。
これを乾燥果物にしたとき、水分が無くなる為に重さが100gと50%になってしまうことが有ります。
同じ量を食べたいと思って200gの乾燥果物を食べたとき、フレッシュなマンゴーの2個分の乾燥果物を食べる事になるのですのでカロリーは当たり前のこと2個分と言う事になるのです。
そうすると当たり前のこと高カロリーになってしまい、太る要因となるのです。

 

もしもたらふくになりたいと言うのであればカロリーの事を考えるとフレッシュなフルーツの方が良いと言う事になるのです。
従って乾燥果物を痩せることとして取り込むときは、量を食べるのではなく小腹を満たすと言うイメージでちょっとだけをじっくり噛んでいただく様にする事がわりと大事になるのです。

 

更に市販されている乾燥果物は砂糖がまぶして有る為、比較的高カロリーの物が多数です。
砂糖も市販されている物ほど要らないと言うのであれば、乾燥果物をハンドメイドする事で砂糖の量がメンテナンスできるので、カロリーのコントロールもできてしまう様になるのではないかと思います。