蜂蜜の栄養素

蜂蜜は、単に甘みをもたらす「ナチュラルの甘味料」というだけではないのです。その栄養価の高さからも、アンチエイジング効果を狙う食べ物としてはもちろんのこと健康や美容にもとても注目に値するすばらしい体にいい食べ物なのです。

 

ナチュラルの蜂蜜には、実に多種多様な栄養素が含有されているといわれます。たとえばどんなものがあるのか、そのメジャー選手的なものをあげてみましょう:

 

●糖分(ショ糖、果糖、ブドウ糖)・・・蜂蜜の栄養素の約80パーセントを占め、エネルギー源になります。そのあらかたはブドウ糖と果糖で、これらはショ糖と比べ栄養学上優れているといわれます。

 

●各種ビタミン(ビタミンC、B1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸)・・・体の中に取り入れた栄養をエネルギーにチェンジするための代謝を促す働きをもちます。

 

●各種ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、カリウム)・・・ボディのコンディションを整えます。

 

●アミノ酸(プロリン、グルタミン酸、アスパラギン酸、ロイシン、リジン、アルギニン)・・・蜂蜜には、人間の健全な体にとって不可欠でありながら身体の中で合成することができない「必須アミノ酸」を含め、十数タイプのアミノ酸が含まれているのです。

 

●酵素(グルコース、オキシダーゼ、ジアスターゼ、インベルターゼ、ホスファターゼ、カタラーゼ)
●有機酸(クエン酸、乳酸、リンゴ酸、グルコン酸)
●抗菌性物質(フラボノイド、グルコース、オキシターゼ、グルコン酸)

 

そのほか、芳香栄養素として、カルボン酸やフラボノイド、テルペノイド、などが含まれているのです。

甘味成分

花のみつにはハナから、ショ糖が多く含まれているのです。このみつは、はちによって運ばれ、集められて「蜂蜜」となるのとは言ってもこのとき、はちの唾液のなかに含有されている酵素によって、ショ糖は分解され、大部分がブドウ糖と果糖になります。

 

そのほかは、デキストリンや花粉、ろう、および蟻酸(ぎさん)などです。デキストリンというのは、デンプンを酸、酵素、熱などの働きで分解するときに生じるパウダー状あるいは粒状の固体です。そのうえ蜂蜜のオリジナリティでもある「蟻酸」というのは、赤ありやはちの体の中にある刺激性の酸です。

 

蜂蜜には、砂糖にはないビタミン類が含まれており、栄養的も優れています。栄養的な面とは別に、砂糖とBIG変わる点として、蜂蜜には、はちがどの花から集めてきたかによって、オリジナルのテイストがあってしまうということでしょう。みかん、レンゲソウ、アカシア、そば、梨、とち、といった花の蜂蜜が、テイストが良いとしてよく知られています。なら、栗といった、花自体、わたしにとってあまりなじみがないものの花からも蜂蜜はつくられます。

 

評価はそれぞれとは言っても個人の好みによって味や香りを楽しめるというのも、蜂蜜の魅力なのかもしれません。多種多様な蜂蜜を取り寄せて、食べ比べてみるのも楽しいかも知れませんね。
ちなみに、蜂蜜は、本来うすい黄色で、澄んでいるものがよいとされます。気温がさがると白くにごりますが、これはブドウ糖が固まったためで、クオリティー的にはまったく変わりません。

蜂蜜で疲れを取る仕組みと効能

マラソン選手が、レースの道半ばで水分をプラスするとき、特性の蜂蜜ドリンクを用意しているということをよく聞きますよね? あれは、蜂蜜はとても吸収の速いエネルギー源だからです。蜂蜜は、80パーセントが糖分で、しかもあらかたがブドウ糖と果糖です。これらの糖はいずれも「単糖類」で、これ以上分解される欠かせないく吸収されます。胃腸へのリスクをかけずに短時間で取り込まれるのです(口に入れてから取り込まれるまでに要する時間は、20分くらいといいます)。

 

筋肉トレーニングのエネルギー源として、まずグルコース(ブドウ糖)が使われます。グルコースはグリコーゲンという形で筋肉や肝臓にセーブされているのとは言ってもその量は300グラムほどだといいます。マラソンなどの陸上競技や、サッカー、バレーなどの球技はとても激しいトレーニングです。こういったトレーニングをすると、筋肉や肝臓にセーブされていたグルコースはたちまち使い果たされてしまうのです。ですので、早急にエネルギーをプラスにする欠かせない効能があるのです。

 

蜂蜜には、糖分がはじめからブドウ糖という形で含まれているのですから、砂糖に多数、ショ糖(二糖類であるため、取り込まれるには分解が必要)よりも効率よく、すばやく吸収できるのです。吸収された糖はふたたびグリコーゲンとなって次の筋肉の行いのエネルギーとなります。

 

脂質やたんぱく質もエネルギー源となります。とりわけ脂質は、1グラムで9キロカロリーとパワーのあるエネルギー源とは言っても合成のプロセスが回りくどく、蜂蜜などの糖類ほどの即効力な効能はないのです。

蜂蜜の糖質

蜂蜜は多種多様なナチュラルの栄養素を含む、優れた栄養フードです。そのたっぷりな栄養素の80パーセントを占めるのが、糖分です。

 

わたしのボディにとって欠かせない栄養素は、大きく次の6つに分類されます:「糖質」、「脂質」、「たんぱく質」、「ビタミン」、「ミネラル」、「食物繊維」です。このうち、蜂蜜に多く含有されている「糖質」は、インパクトのあるエネルギー源となる栄養素です。

 

糖質は、1グラムで4カロリーです。1グラム9カロリーの脂質に比べると約50%のパワーではあるのとは言っても即効性に優れているのがオリジナリティな効能です。砂糖や蜂蜜など、甘味料はむろんのこと、ご飯やパン、麺類、いも類など、いわゆる主食と呼ばれるものに多く含まれているのです。キーポイントな栄養素とは言ってもその一方でとりすぎると肥満の要因にもなります。

 

糖類は、単糖類と、単糖類が結合した二糖類、2〜6つながったオリゴ糖、単糖類がいくつもつながった多糖類などがあるのです

 

 

蜂蜜の糖分は、主としてブドウ糖と果糖で、これは花の蜜の主栄養素であるショ糖が、ミツバチの消化酵素によって分解されたものです。ブドウ糖や果糖は、ショ糖に比べて栄養生理学的に優れているといわれます。

 

それは、ショ糖が「二糖類」であるのに対し、ブドウ糖や果糖は、「単糖類」という単純な構造の糖分だからです。ちなみに、穀物などの糖類は「多糖類」に分類されます。要するに単糖類のとき、それ以上分解されることに欠かせないいため、短時間で体の中に吸収され、胃腸にリスクをかけなくてすむのです。

蜂蜜の栄養と効能記事一覧

ミツバチは、巣の出入り口や巣の枠、隙間、巣穴の壁などに、多種多様な草木の新芽や樹脂などからつくった「補強材」を塗りつけて雨風や冷気、および外敵の侵入を防ぎ、巣や自らたちのボディを、守っています。この「補強材」がプロポリスです。紀元前4世紀のギリシャの哲学者アリストテレスは、「動物記」のなかでプロポリスについて「花の汁液やヤナギ、ニレなどんなヤニを出す樹液から出る涙」と記しているのです。「プロポリス...

はるか昔、紀元前4世紀に哲学者アリストテレスが、その著書「動物誌」にも記したという「ローヤルゼリー」。その頃からその豊かな栄養は、神秘な魅パワーで各国の注目を浴びていました。ところでこの、蜂蜜とは色もグルメも異なるクリーム色の液体はいったいなんなのでしょうか? アリストテレスは、この液体に浮かぶミツバチの幼虫が女王蜂へと成長することから、この液体、「ローヤルゼリー」そのものから女王蜂が生み出される...

脳は、(たとえどんなにヘッドの良い人でも!)目方の2パーセントほどの重量しかないのです。ところがこの脳は、ベース代謝量の約18パーセントのエネルギーを消費する「大食漢」なのです。わたしは、何もしていないときでさえ、多勢のエネルギーを欠かせないこととします。日本人の平均体温は、36度です。この温度に水を温め継続していくということ自体、わりとのエネルギーが欠かせないはずです。このとおり、寝ていても、つ...

適切、フードには「賞味期限」があったりしますよね。蜂蜜にも賞味期限があるのでしょうか? 答えは・・・「yes」であり、「no」でもあり・・・。日本では1996年4月から蜂蜜にも、ほかのフードおんなじ、賞味期限の明記が義務付けられました(ある大手の蜂蜜フード会社では、製造日から2年の賞味期限をそのアイテムに記しているのです)。ところが蜂蜜というのは、しっかりとキープさえすればリアルに、何年でもそのク...

蜂蜜は広く、うすい黄色で、澄んでいるものが上質されます。とはいえ、蜂蜜は、ミツバチが多種多様な花から採集してきたものです。みかん、レンゲ草、アカシア、そば、トチ、ナシ、そのほか栗やナラなどの蜂蜜もあるのですそれぞれオリジナリティのテイストや香りがあり、人それぞれによって好みがあるのではないでしょうかし、使い方によって使い分けると楽しいでしょう。というわけで、ここで広く蜂蜜のクオリティーをどんな点に...

蜂蜜は気温が下がると、白くにごってきます。これはブドウ糖が固まったためで、クオリティーにはまったくかかわりがないのです。花粉が除去されていない「本物」の蜂蜜の証拠といえるでしょう。むしろ、ウインターシーズンになっても白濁しない蜂蜜は、なんらかの加工が施されているということでナチュラルそのものではないといえるかもしれません。結晶化した蜂蜜は、そのままトーストしたパンに塗って召し上がったり、飲み物に入...

皆さんは、「蜜蝋(みつろう)」を知っていますでしょうか?蜜蝋(みつろう)というのは、働きバチの腹部から分泌されるロウです。ミツバチの巣は、このロウから作られているのです。蜜蝋(みつろう)には、ミツバチが集めてきた花粉が色素として混入していることから、採集してきた花のタイプによって、色に微妙な違いがあります・・・白、黄色、クリーム色など・・・。蜜蝋(みつろう)は、昔からハイグレードろうそくの原料とし...

ミツバチたちの社会は、女王蜂と呼ばれる、ユニークな能パワーを備えたメス蜂によって支えられています。同じメスのミツバチでありながら、働き蜂には適切、産卵能力はないのです。ミツバチ各国の生命は、この女王の背にかかっているのです。女王蜂は、働き蜂にない多種多様なユニークな、神秘的な能パワーを持ちます。そもそもボディの大きさからいって、働き蜂の比ではないのです。働き蜂の約2〜3倍のボディをもち、その寿命は...

蜂蜜は、ミツバチが花から集めてきたものです。ですので、ミツバチがどの花から採集してきたかで多種多様な味やテイスト、香りが異なります。各花の蜂蜜の個性を味わうのも、蜂蜜ファンの醍醐味かもしれません。日本では、アカシアやレンゲの蜂蜜がスタンダードとは言っても各国にはあまり他にはない花の蜂蜜がいっぱいあるのですカナダ・・・クローバーの蜂蜜カナダのアルバータ州およびその近隣には、プレーリーと呼ばれる大草原...

砂糖や水あめ、蜂蜜、メープルシロップといった、甘みは、わたしたちにとってエネルギー源としての効果だけでなく、精神的な面でもとてもキーポイントな働きをもっているのです。食の暮らしの多様化とヘルスコンシャス(とりわけ肥満対策)から、サッカリンやアスパルテームなどの人口甘味料がフード添加物として用いられるのも、単にエネルギー源としてだけでない、甘みがもつ、「心をほっとさせてくれる働き」ゆえでしょう。ちか...