乾燥肌の原因

乾燥肌を改善し美肌へと導くには原因を知っておくことは大事です。

 

いくつかの理由がありますが、遺伝的な生まれついての体質的によるお肌の乾燥や、お肌の老化、加齢による影響やスキンケア方法が適切でないため細胞間脂質を取りすぎたためによる乾燥とがあります。先天的な要素でなっている場合、その背景にアトピーがある場合などもあります。

 

男性ホルモンの減少が原因で、女性は25歳ごろ、男性は50歳ごろから減り始め皮脂の分泌が少なくなるといわれています。
油性のスキンケア化粧品を使っているために、肌に残しておきたい油脂や水分を除去してしまい、肌の水分が一向に補充されず乾燥の症状が進んでしまうこともあります。

 

油性の商品ばかりに頼りすぎず、必要な時だけ洗浄力の強いものを使ってもいいでしょう。温度の高いお湯を使った洗顔も、同様に必要な皮脂を奪ってしまいます。ファンデーションを塗るパフを力をこめてつけていたり、顔をこすりながら洗うクセがあったりすると、皮膚に必要な分までの油脂分がなくなり、弱い肌になってしまう場合があるようです。

 

原因となる肌の水分の減少は、何らかの理由で肌の油分やコーティング部分がなくなって水分が出て行くことがあります。
遺伝的形質や年齢のためになる場合の対策は簡単ではありませんが、スキンケアが違っていたという場合は正しい方法にするだけで予防が可能になります。

 

毎日のクレンジングや洗顔方法が間違っていることもあるので、
ちょっと気をつけて洗顔するのと同時に乾燥肌にいい食べ物や食事で乾燥肌を改善していきましょう。

乾燥肌にい食べ物

食べ物や食事での乾燥肌にいい食べ物としてコラーゲンの摂取が上げられます。スキンケアなどで皮膚に直接つけるのもいいですが、体内に取り入れて肌の保湿力を高めるというやり方もあります。コラーゲン鍋は肌にいい食べ物として広く知られています。

 

ビタミンA
いちご
イチゴや人参、うなぎなどに多く含まれ、皮膚粘膜の働きを整えて粘膜部分を正常にする効果があると言われています。

 

ビタミンB2
うなぎ
新しい皮膚を作り、皮膚のターンオーバーを整える効果がある成分で、いわしやうなぎ、レバーに含まれています。

 

ビタミンB6
酒かすやマグロ、レバーにが含まれし、皮膚炎の予防や緩和にいいとされている成分で、美肌を目指すには積極的に取り入れたい成分です。

 

ビタミンE
年齢と共に目立つようになるしわやタルミの対策に役立ちます。

 

ビタミンC
乾燥肌対策として取り上げられることは少ないですが、肌がコラーゲンを作る作用を助けるなどしてくれます。
レモンや唐辛子、大根、果物にビタミンCが多いことが知られており、コラーゲンと一緒に食べるといいと言われています。

 

 

そしてビタミンAやC と合わせて摂ると抗酸化作用がさらにアップし血行を良くするので、肌をみずみずしくする効果があります。
代表的な食品は、アーモンド、へーゼルナッツ、煎茶です。
アーモンド、ナッツ

 

食事の改善が難しく効率良く栄養成分を補充したい場合は、サプリを飲むという方法もあります。スキンケアも大事ですが、何を食べてどんな成分を体内に取り入れるかという点も無視できません。肌の潤いをプラスするための成分で構成されている商品もありますので、
気軽に取り組めるという利点があります。しかし、サプリメントをあてにしすぎず、食事やスキンケアに気を配って乾燥肌にいい食べ物を食べることをお勧めしますう。