アンチエイジングに良い食べ物

ブルーベリー
ブルーベリー
皆さんご存知のとおりブルーベリーには
ポリフェノールの一種であるアントシアニンという
赤紫色の色素が含まれています。

 

これは抗酸化物質で、活性酸素が発生するのを阻止してくれる働きがあります。
また、目の疲れを取るにはブルーベリーがいいといわれているように、
目の機能を改善したり視力を向上させてくれたりという効果があるといわれています。

 

【にんじん】
にんじん
にんじんには、ビタミンC破壊酵素であるアスコルビナーゼが含まれています。

 

ビタミンCが含まれている食べ物と一緒に食べてしまうと

 

ビタミンCを壊してしまうため摂取する意味がなくなります。

 

ですので、この働きを抑制するためのクエン酸(レモン等)を一緒に摂取すれば

 

無駄がなく栄養を体内に摂取することが出来ると思います。

 

【トマト】
トマト
リコピンという成分がトマトの栄養には含まれています。

 

目の障害のひとつに活性酸素が原因となるものがあるのですが、

 

これに有効な成分だといわれています。

 

視覚機能を維持するためにとても重要な役割を担っています。

 

【山芋】
目の角膜や水晶体の透明性を保ち、

 

弾力性を保つ働きがある、コンドロイチン硫酸という成分が含まれています。

 

これは皮膚や関節、眼球、角膜などに分布しています。

 

【桜海老】
桜海老にはカルシウムが大量に含まれています。

 

カルシウムというのはご存知のとおり

 

歯や骨を丈夫にしてくれる役目があります。

 

また、白内障なども予防してくれる効果があります。

 

他には効果がある食材には以下のものがあります。
・大豆・乳製品・ゴマ・小魚・海藻類・春菊・青梗菜など

 

これは気持ちを抑えるための鎮静作用があります。

 

またカルシウムを摂取する事で眠りを助ける効果があります。

 

不眠などで困っている方はこれらの食材を摂取するように心がけてみましょう。

アンチエイジングに効果がある飲み物をご紹介します。

・ホットミルク(豆乳でも可)・タマネギの酢漬けドリンク
などの効果があるとされています。

 

また、コーヒーなどのカフェインは良い眠りを妨げるものとされています。

 

このカフェインの作用が体内から消えるまで摂取してから

 

3〜4時間はかかると言われています。ですから夕方以降はなるべく摂取しないようにしましょう。

アンチエイジングにいい代表的な成分

アンチエイジングでまず必要な成分といえばビタミンCです。せっかく体にいいコラーゲンを摂取しても体内でコラーゲンを作ることができませんので、エイジングケアにはビタミンCはなくてはならない存在です。シミやくすみ対策のためにもマストで取り入れ普段の食べ物や飲み物で不足を感じているならばサプリメントを活用しましょう。

 

ビタミンCと並び、ビタミンB群も欠かせない成分です。女性ならば疲れている時や体の具合が悪い時は肌の調子も良くないということが1度は経験があると思いますが、これはビタミンB群が体内に足りなくなることと因果関係があり、肌のトラブルが起きやすくなるのは、ビタミンB群が足りずにエネルギーが作られにくくなることと関わっています。

 

ビタミンB群のなかでもビタミンB2が不足してしまうと、肌がべたついたり、アダルトニキビ・毛穴の開き・黒ずみなど様々な肌荒れが起きます。皮脂の分泌が増えたことが肌トラブルの原因になっているわけですが、これはビタミンB2不足で脂肪の代謝に問題が生じることから起きます。ビタミンBが足りない身体は、肌の新陳代謝がうまく機能しなくなり、まだ出来上がっていない細胞が角質層に押し上げられて肌を傷めてしまうということもあるようです。

 

また、ビタミンB6やビオチンが十分でないと肌の代謝が悪くなり、古い皮膚がいつまでも留まって皮膚炎や湿疹の原因になってしまうと言われています。新しい肌を作り、肌に十分な水分を与えてハリや弾力性をもたらすコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの生成にも影響が出てしまいます。

 

その他ビタミンE、カロチン、L-システィン、コエンザイムQ10や最近話題となっている
プラセンタ、アスタキサンチンの成分も効果的といわれていますので若さを保つため上手にアンチエイジングな体にい食べ物や飲み物を取り入れていきましょう。