体にいい食べ物、トマト

肌をきれいにすることに関心のある方でしたら、空前のトマトブームは知っていますでしょうね。
では、トマトが、なぜ、体にいい食べ物なのでしょうか?
トマト痩せる方法をしている方もいらっしゃると思うのですが、皆さんはそのトマトの効能をマスターして食べていますか?

 

実は、トマトはハナからたっぷりなビタミン類が含有されている食べ物です。
とは言ってもそのほかに、トマトには、リコピンが含有されているからなのです。
リコピンは、私たちにとって、あまりあまり知らない人が大部分なのが栄養素とは言っても実は、衰え現象を緩やかにしてくれる栄養素なのです。

 

どうしてかというと、アンチエイジングは衰えを緩やかにすることとは言ってもその衰えの要因は身体の中で作られてしまう活性酸素です。

 

この活性酸素を落とす効き目があるものが、トマトなどの食べ物に含有されているリコピンなのです。
トマトは旨味しくて、安いですし、体にいいと聞いたら、いつものようにでも食べられますよね。
とは言っても中にはトマトが嫌いという方もいらっしゃるのです。
トマト嫌いの方は臭いがダメらしいではないでしょうか。
いくらエイジングケアに良くても好きではないな食べ物でしたら、無茶して食べても長続きはしません。

トマトの効能と栄養成分

トマトには、リコピンを始めとしてビタミンB、ビタミンC、カロテン、クエン酸、カリウムなど体にいい栄養素が含まれています。
トマトの効能で美肌については、トマトの赤い色素の元にもなっているカノテロイドの1種であるリコピンの、Βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍もあると言われる抗酸化作用が特に注目されているようです。

 

肌が紫外線を浴びると活性酸素を発生させます。
活性酸素がシミやシワ、たるみの原因になるのですが、リコピンがこの発生を抑制してくれるのです。
また、紫外線による肌への刺激は、チロシナーゼと呼ばれる酵素を活性化します。
このチロシナーゼはシミの原因となるメラニン色素を生成する働きがあるのですが、リコピンにはチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。
このリコピンの2つの働きによって美肌・美白など肌にいいを引き出します。

 

また、トマトの効能は、含まれるクエン酸やビタミンは皮膚の代謝を促すため、肌の再生機能を正常に導く効果がありますし、ビタミンCにはリコピンと同じような抗酸化作用やチロシナーゼの抑制効果があることがわかっているお肌や体にいい食べ物なのです。