食べ方でアンチエイジング

皆さんは、いつものようにの食べ物に気をつけていますか?
とりわけ女の人は、肌をきれいにすることに良いもの、体にいいものにはわりと敏感ではないでしょうか。
食べ物にこだわることも、むろん、悪いことではないとは言っても食べ方もエイジングケアにかかわりしているのです。
というわけで、どなたでも誰にでもエイジングケアになる食べ方をご披露します。
それは、わりと誰にでもできるようなやり方であり、「主食を食べる前に、サラダや野菜などを先に食べること」、いくばくかです。
痩せる事に慣れている女の人たちの間では、常識となっていることとは言っても男の人の方などは、ご存知ない方も多数と思います。
野菜やサラダなどは、食物繊維が含まれていて、糖質の分解、吸収を緩やかにしてくれるのです。
これによって、食べ物で血糖値が上昇することを抑えられるのです。
野菜類を先に食べることは、アンチエイジングだけではなく、肥満も防げます。
斯くして、この食べ方は、糖化にも深いかかわりがあるのです
糖化とは、甘い飲み物、食べ物など、糖分が体中でタンパク質と結合し、衰えタンパク質が発生します。
衰えタンパク質は、代謝を落とし、肌や体の組織を衰えさせ、シミ、シワ、タルミの要因となるのです。
ほかにも、血管を弱くしてしまったり、骨をもろくしてしまったりします。
というわけで、食事の際に、野菜類から食べることは、お肌のためだけではなく健全な体のためにも良いのです。
食べ方の順番をチェンジするだけというわけで、どなたでもトライできるでしょう。
ちかごろでは「ベジファースト」と呼ばれている食べ方です。

何としても、皆さんも習慣化してくださいね。