魚は栄養たっぷりの体にいい食べ物の食べ方とは

お食事の食べ方や作り方などの本などを見ていると、具体的に魚の名前を挙げるのではなく、「白身魚」「赤身の魚」といった言い方をされていることがよくあるのです
体にいい魚の栄養素の働きと食べ方
「白身魚」と「赤身の魚」の違いは、ミオグロビンという色素によって分けられます。赤身の魚にはこの色素が多く含有されているのです。

 

白身魚のスタンダードなオリジナリティは、テイストが淡泊だとういうわけなのですがコラーゲンがたっぷりなのです!(お肌にいい食べ物なのです)

 

食べ方で気をつけることとしては、生だと少々硬いので、薄く切るようにします。加熱すると、肉質が柔らかくなりますが、ほぐれやすくもなります。
ぱさ付き感が気になるときは、同じ焼くでも、ムニエルにするとおいしい食べ方が出来るのですね。

 

白身魚の代表は、ヒラメ、カレイ、タイタラ、フグなどです。

 

赤身の魚は、肉色が赤っぽいものです。味は、白身の魚よりも深みがありで、ちょっとパターンがあるのですが、そこがおいしいともいえますね。うまテイストがたっぷりなのですね。

 

赤身の魚はアジサバなどの「近海性回遊魚」と、カツオマグロなどの「遠洋性回遊魚」に大きなカテゴリに分かれるのです。

 

近海性回遊魚は、白身の魚よりも脂分が多く、IPAやDHAがたっぷり含まれているのです。これらは、アジやさば、イワシ、サンマなど、青い背の魚にたっぷりで「魚を食べると頭が良くなる」というのは、これらの栄養素の働きと言われます。

 

一方遠洋性の回遊魚は、コラーゲンは少なく、お刺身でいただくとねっとりと柔らかいです。マグロのお刺身がその例です。熱を加えるとかたくなりがちなのですね。
栄養素的には、一長一短です。それぞれをまんべんなくいつものように食べることをおすすめします。

私たちのテーブルに最も登場することの多数の魚の種類のひとつは、アジをつかった魚食事ではないでしょうか?ひとくちに「アジ」といってもそのタイプはさまざま!・・・おなじみは、「マアジ」「むろあじ」「シマアジ」などなど。そのうえ食事方法も広い範囲、生で、煮て、焼いて・・・その他、開いて干したものなど、いろいろなのです。一般に「アジ」と呼ばれているのは、「マアジ」のことです。全長は約40センチ。中1尾は1...

かつては庶民のテーブルでおなじみの安い値段な魚の代表格だった「イワシ」。ところがちかごろでは、それほど格安とはいかなくなったのです。それでも丸干しやしらす干しなど、多種多様な形で登場する庶民の味方の体にいい食べ物であることに今も変わりはないのです。おなじみのイワシ類とその栄養★「ウルメイワシ」は、目が「うるんで」いるように見えるために「うるんだ目」のイワシということで、この名づけ化あるのです魚の目...

ウナギのかば焼きは、大人も子どもも大好きな魚食事です。ちかごろ、市場に出回っているのは、あらかたが養殖ものです。ナチュラルのうなぎは、希少で、わりと手が出るプライスではないのです。栄養的には、養殖ものは脂肪が多く、エネルギーが高くなります。ウナギは、ビタミン類がとてもたっぷりな魚です。とりわけビタミンAの含有量は、ずば抜けています。目に良いと言われるのは、ですのでです。その他、「魚を食べると頭が良...

甘エビ、伊勢海老、サクラエビ、ブラックタイガー、くるま海老、そのほか芝エビなど・・・海老は、小さなものからでかいものまで私たちのテーブルでリアルによく登場する魚介類のひとつです。あまえびは、正式には「ほっこくあかえび」というネーミングをもっているのです。甘テイストがあって、とろりとしたそのオリジナリティの舌触りがたまらないという人もいるのではないでしょうか?お刺身としてはむろん、寿司だねとしても評...

「毛ガニ」「タラバガニ」「ズワイガニ」・・・好きな人にはたまらない魚介です。そのほか、「ワタリガニ」と呼ばれる「がざみ」というカニもあるのですがざみは、味噌汁の具やパスタなどに楽チンに用いられます。中1匹が、180gで、おなじみのカニです。脂肪が少なく、痩せる事にも推薦の魚介です。毛がには、トータルが剛毛に覆われていることから、この名づけ化あるのです毛がには、1ぱいが500gと考えると目安になりま...

春捕りのものを「初がつお」、秋捕りのものを「戻りがつお」と呼び、季語ともなっている「かつお」は日本のテーブルではおなじみの魚です。かつおを利用した魚食事のタイプもさまざま・・・「かつおのたたき」や「刺し身」、そのほか「角煮」もおすすめです。「かつお節」や「なまり節」も日本のお食事のよいダシとなります。★カツオ類と栄養カツオは全長約70センチになるでかい魚です。たたきの1節は、約300〜350gと覚...

「ひらめ」と似て、平たい体をし、海底にすんでいる魚は?答えは、「かれい」です。腹を下にして置いたときに目が右にあるのが「かれい」、左側にあるのは「ひらめ」とされます。「左ひらめに右かれい」と言われる所以です(けれどもこの原則には例外があります)。身が淡白な白身なので、お刺身や、煮つけ、焼きもの、揚げ物など、どんな食事にも向きます。ひれの付け根のパーツ(骨の間の身)は、「縁側」と呼ばれ、なおいっそう...

サケは、夕食のおなじみの魚の食事であるだけでなく、ランチボックスのおかずとして、またおにぎりの具としても・・・大発揮してますね。サケといっても多種多様なタイプが出回り、サケ科の「ます」類も含めると、実に多彩です。魚食事としても、お刺身、焼き魚、ムニエル、フライ・・・といつものように?食べても飽きないほどです。ところでサケは赤身の魚なのでしょうか?それとも白身の魚なのでしょうか?魚の赤身、白身という...

「関さば」というフレーズを聞いただけで、つばを呑んでしまう人もいらっしゃるのでは?「関さば」とは、大分県でテイストがよくてメジャーなサバをいいます。さばは、アジやイワシ、サンマとならぶ背の青い魚で、それゆえに好きではないな人もいますが、実に栄養価の高い魚です。脂肪、IPA、DHAがたっぷりなのです。ビタミンB2、D、E、斯くしてタウリンもたっぷり含みます。DHAとは、「魚を食べると頭が良くなる」と...

しょうゆと砂糖で甘辛く照り焼きにしてもよし、粕漬けにして焼き物にしてもおいしい、「さわら」。本来、「さわら」は「鰆」と書くように、春が旬の魚です。しかし回遊魚で日本列島を北上することから、「寒さわら」を好む人もいらっしゃるのですよね。このさわら、1切れは80〜100gとは言っても程よい脂肪の乗り具合から、どのように食事してもおいしい魚食事となります。とりわけ、ムニエルにし、さっぱりとトマトとレモン...

秋刀魚と書いて?「サンマ」です。秋のグルメの代表格と言われる「サンマの塩焼き」を大好物として楽しみにしている人も多数のではないでしょうか?こんがりと焼いた、脂ののったサンマは、たっぷりの大根おろしといっしょに召しあがると最高ではないでしょうか!サンマは、サマーシーズンに北海道から南下し、翌年の春には紀州沖まで下っていきます。栄養面では、「頭が良くなる」と噂のDHAやIPAをたっぷり含み、アジやサン...

その堂々たる姿の美的さ、赤く美的色合いから、お祝いごとに用いられることの多数のが、「タイ」です。マダイ、チダイ、クロダイ、キダイなどがあるのです全長は40センチ〜1メートルと幅があるのです栄養的には、ビタミンBやタウリンがたっぷりなのです。またカリウムもたっぷり含まれているのです。身は白身で淡泊です。塩焼は、姿形はいいのとは言っても少々ぱさ付く?感じがないわけでもないのです。チリ蒸しにすると、淡泊...

寒いシーズンになると、魚すきが恋しくなってきますよね。この魚すきで大発揮するのが、白身魚の切り身・・・たらやタイなど・・・です。たらの仲間には、「すけとうだら」や「まだら」があるのですなべものによく使われるのは、「まだら」です。一方、「すけとうだら」は、鮮度が落ちやすいことから、メインに練りアイテムや干物にされます。そのほか、「たらこ」は、すけとうだらの卵巣を塩蔵したもので、その栄養価は親(すけと...

「左ひらめに右かれい」と言われますが、目のある方を上にして腹を下にしたときに、頭が向かって左側にくるのが「ひらめ」、右側にくるのが「かれい」といわれます・・・が、例外もあすそうなのです。日本産の「ぬまがれい」は「右かれい」ではなく「左向き」になります。また米産のものはどちら向きもあってしまうというから、「左または右か」では区別するのは難しそうです。一般に、ひらめのほうがかれいよりも魚体が大きいとさ...

「赤身」「大トロ」「中トロ」「ホホ」「尾の身」・・・まぐろはパーツによってその栄養価が大きな異なることから、ひとくちに「マグロの栄養」という言い方は適切ではないのです。★「赤身」とは・・・背中側の魚肉をいいます。低脂肪でタンパク質がたっぷりで目方を減らしているさなかでもアクティブにとりたい食べ物です。鉄分がたっぷり含有されていることから、女の人に何としても、食べてもらいたいです。★「大トロ」・・・...

お刺身もおいしいとは言っても煮ものやなべもので傑出した評判の「睦」。南日本の太平洋沿岸に住む深海魚なのです。かまぼこの材料にも使われますが、わりとのデラックスタイプ。広く気軽に口に入らないかもしれません。全長は約60センチで、1切れが80gくらいと考えると、お食事のさいの目安になるでしょう。タンパク質がたっぷりなのです。睦は、煮魚が抜群においしいです。おいしく煮るコツは、煮たてた煮汁に、睦を入れる...

「サクラマス」は、岩手県以北の太平洋や日本海の沿岸沖合に回遊する魚です。実は、「サクラマス」というのは、降海した魚をいい、そのまま川に残ったものを「ヤマメ」といいます。「サクラマス」は、体長は、2年半で60センチほどになります。一方、「ヤマメ」は全長が約20センチくらいです。ボディの横側に8〜10個の小判型の斑点と大小の黒い円形の点があるのがオリジナリティです。ヤマメは、神奈川県以北の太平洋側、島...

貝類といって、皆さんは何を真っ先に思い浮かべますか?あさり、はまぐり、牡蠣、ホタテガイ?小さいながらもうま味栄養素たっぷりの魚介類は、お食事の主役となることもあるのとは言ってもスープなどのおいしい具かつだしになり大発揮です。お味噌汁の具としておなじみの「あさり」は、全国各エリアの沿岸にいる最もポピュラーな貝です。タウリンや鉄分がたっぷりで、ビタミンB2もいっぱい含んでいます。砂を含んでいるので、い...

お正月の昆布巻きのなかに昆布で巻かれている魚・・・あれが「にしん」です。かつては北海道に春を告げていたのが、このにしんの群れでしたが、ちかごろではめっきりインポートに頼るようになってしまいました。にしんの栄養にしんは脂肪が多く、IPAもたっぷりで、栄養満点の魚です。ビタミンD、Eも多く含むことから本当はなおいっそういっぱい、多種多様な形で日本のテーブルに登場してほしい魚です。にしんを利用した魚食事...

私たちのテーブルに登場することが多数いかの仲間には、するめいか、こういか、ホタルイカ、などがあるのですその他いかの加工品として、塩からやするめがあるのですいかは、冷凍してもタンパク質がチェンジしにくく、味も落ちないので、冷凍したものがよく出回っています。下準備がいらないのでお食事にわりと使い勝手が良いのです。お刺身、天ぷら、フライ、煮ものなど、何にでも向くのは、いかそのものがわりと淡泊な味だからで...

イカや海老と並び、タコは魚介類のなかでもテーブルに気軽に上ることの多数、日本人に評判の食べ物です。日本のテーブルでは、評判の「まだこ」は、欧米では、その・・・少々不気味な?・・・容姿から、「デビルフィッシュ」というあまりありがたくない名前をいただき、好かれているとは到底いえません。欧米ではあまり評判がないのですが、ポルトガルやペルーでは、タコはリゾットに入れたり、マリネにして評判の食事です。可食部...

魚食事・・・の一種?でしょうか?いずれにしても、私たちのテーブルにとても多く登場するフードのひとつに、水産物の練りアイテムがあるのですかまぼこやちくわ、つみれ、はんぺんなど・・・。かまぼこひとつをかなり、かにかまぼこ、蒸しかまぼこなどが多彩です。ひょっとしたら、「カニ」よりも「かにかまぼこ」のほうがおなじみだったりして・・・?かにかまぼこは、かに肉の「コピー」です。薄いかまぼこに細かい筋目をいれて...